So-net無料ブログ作成
検索選択

「この程度が望ましい」=取材対応批判に反論−鳩山首相(時事通信)

 「小泉(純一郎)元首相が一番短かった。この程度が望ましい」。鳩山由紀夫首相は12日夜、首相官邸で記者団から最近の取材対応について「冷たい」と指摘されたのに対し、こう言って反論した。
 首相はさらに、記者の質問に立って応じる「ぶら下がり」取材について、「時間的な問題や、ぶら下がりという在り方自体の問題もある」としつつ、「極力丁寧に努めているつもりだ」と強調した。
 米軍普天間飛行場移設問題の迷走などをメディアから批判され、首相はいら立ちを強めている。最近は質問に対して語気を強めて反論したり、回答しないまま立ち去ったりするケースが増えている。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)
国体「インチキしてでも1位」山口県副知事(読売新聞)
<東京都文京区>男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」(毎日新聞)
アパート火災 女性1人死亡 千葉(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。