So-net無料ブログ作成

警視庁巡査長が拳銃自殺 東京・杉並区(産経新聞)

 14日午後4時20分ごろ、東京都杉並区の警視庁荻窪署7階の単身寮で、同署地域課の巡査長(27)が頭から血を流して倒れているのを同僚の警察官が見つけた。病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。現場には巡査長携帯の拳銃が落ちており、同署は拳銃で自殺したとみている。

 同署によると、巡査長は勤務中だったが、所在が分からなくなり、同僚が巡査長の部屋を見に行ったところ倒れていたという。

 亀井徹夫署長は「拳銃を使用して自殺したことは誠に遺憾。今後、事実関係を明らかにしたい」とコメントした。

【関連記事】
マンションで暴力団組長が拳銃自殺か 東京・日本橋
海ほたるで拳銃自殺 千葉
白バイ隊員が拳銃自殺 茨城県警の合同庁舎トイレ内
警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所
署内で巡査長が拳銃自殺 浦安署

<南アW杯>日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
<岩手・宮城内陸地震>慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)
<メガホン強打>野球観戦の女性が首ねんざ、男性に賠償命令(毎日新聞)
企業献金、全面禁止を=菅首相(時事通信)
国宝・持国天そろり搬出 東大寺法華堂修理で仏像8体(産経新聞)

「撮り鉄」会社員を書類送検=線路内に三脚、JRに遅れ―「警鐘も目的」と奈良県警(時事通信)

 列車を撮影しようと線路内にカメラの三脚を置いたとして、奈良県警西和署は4日までに、鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)の疑いで、兵庫県尼崎市の男性会社員(50)を奈良地検に書類送検した。同署によると、容疑を認めているという。送検は3日付。
 鉄道撮影の愛好家「撮り鉄」によるトラブルは全国で多発しており、同署は「実際に列車に影響が出たことから送検した。警鐘を鳴らす目的もあった」としている。
 送検容疑は5月9日午前9時50分ごろ、同県斑鳩町のJR関西線王寺―法隆寺間の線路内に侵入、写真を撮る目的で踏切脇に三脚を置いた疑い。
 この際、「線路内に人が立ち入っている」とJR西日本に通報があり、関西線は上下2本を部分運休したほか、5本が遅れ、約1300人に影響が出た。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【動画】東武博物館リニューアル
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ

五花街の舞妓20人が一同に 初の合同けいこ(産経新聞)
無届けでネット掲示板=容疑の32歳男逮捕―警視庁(時事通信)
<最高裁>拳銃譲渡で無罪を破棄 アリバイの成立を否定(毎日新聞)
就活支援で「卒業後も3年間新卒扱い」 公明党の参院選マニフェスト (産経新聞)
樽床氏は午後6時に出馬会見(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。